ドローンを使用して農薬散布を行うときに確認すべきポイント

広島県 福山市を拠点に活動している、私共、一般社団法人瀬戸内ドローン推進協議会は安全なドローン普及を目指しています。
ドローンって近頃話題だけれども、一体どこで飛ばせるのでしょうか?
ここではドローンにまつわる法律などの概略を説明させて頂きます。これからドローンを使って何かしてみたいと考えている方は、是非参考にしてみて下さい。

日本国内における無人航空機(ドローン)に関する法律

農業関連で農薬散布などに活用することが、よく耳にされるようになりましたが、航空法などで許可、承認を得た上で更に下記指針が定められています。

国土交通省航空局「航空局標準マニュアル(空中散布)」

農林水産省「無人マルチローターによる農薬の空中散布に係る安全ガイドライン」

上記のガイドラインに従って作業する前提として、「危険物輸送」「物件投下」など航空法に定められた許可承認の取得や、農薬取締法など農薬の適正利用を遵守する必要があります。

また、従来無人航空機(ドローン)による農薬散布の基準とされていた「空中散布における無人航空機利用技術指導指針」」は2019年7月30日付で廃止されました。

今後無人航空機(ドローン)の普及と共に様々な法改正や規制などが増えていくと考えられています。

これから無人航空機(ドローン)の活用を考えてらっしゃる方は専門の教育機関で知識習得をされることを推奨します。

一般社団法人瀬戸内ドローン推進協議会では当協会公認パイロットを多数輩出しているドローン大学校瀬戸内キャンパスを推薦しています。

PAGE TOP