ドローンを使用し雨漏りや雨どい等、屋根全般を的確に修理

広島県 福山市を拠点に活動している、私共、一般社団法人瀬戸内ドローン推進協議会は安全なドローン普及を目指しています。
ここでは、当推進協議会、会員企業のドローンを活用した事業内容をご紹介します。
意外なドローン活用事例としてもご覧頂けます。是非参考にして下さい。

ドローンを使用し雨漏りや雨どい等、屋根全般を的確に修理

民家の雨漏りや、雨どいの破損、詰まりは突如としてやってきますが、状況の確認や修理を行う為にはしごをかけたり、高所作業車を活用したり、大掛かりな場合は足場を組む必要性があります。

スペースの関係ではしご、高所作業車などが使用できない現場においては実際に人が屋根に上がり確認を行います。
また建造物の中には、老朽化が進んでいたり、屋根の傾斜が急だったり、そもそも人が登れない屋根も多数存在します。

このような状況が障害となり、屋根全体の状況を確認するのは意外にも困難なケースは珍しくありません。

また人が上がれたとしても、実際に撮影したデジタルカメラ画像では一部分しか写っていないため、お客様側では問題点がわかりづらく不安になる場合もあります。

これら問題点は無人航空機(ドローン)を使うことにより劇的に改善することが可能です。
一度の撮影で雨漏りなどの問題箇所のみならず、屋根全体を確認する事ができる為、的確な状況判断が可能となります。

また、訪問販売などで実際に壊れていない屋根に対し施工を行い、法外な金額を請求してくる業者がいるのも事実です。
めったに見ることのできない自宅屋根の映像をリアルタイムで一緒に確認しながら、的確な施工提案する業者を選定されることをお勧めします。

詳しくはこちらまで

会員企業のドローン活用事業について

【映像事業】

【点検・測量事業】

PAGE TOP