ドローン×赤外線カメラで建造物の外壁タイルの”浮き”を点検

広島県 福山市を拠点に活動している、私共、一般社団法人瀬戸内ドローン推進協議会は安全なドローン普及を目指しています。
ここでは、当推進協議会、会員企業のドローンを活用した事業内容をご紹介します。
意外なドローン活用事例としてもご覧頂けます。是非参考にして下さい。

ドローン×赤外線カメラで建造物の外壁タイルの”浮き”を点検

外壁にタイルを使用した建造物の「浮き」「剥がれ」点検は足場を組む必要があったり、かなりの時間とコストを要します。

通常のドローンのカメラを使った「目視的」な検査では解りづらいのも事実です。

高性能なドローンと赤外線カメラを組み合わせることにより、タイル表面の温度差を可視化する事が可能です。この温度差により外壁タイルの浮きなどを圧倒的な短時間で検査することが可能となります。

会員企業のドローン活用事業について

【映像事業】

【点検・測量事業】

PAGE TOP