ドローン×赤外線カメラでソーラーパネルの内部断線を簡単検査

広島県 福山市を拠点に活動している、私共、一般社団法人瀬戸内ドローン推進協議会は安全なドローン普及を目指しています。
ここでは、当推進協議会、会員企業のドローンを活用した事業内容をご紹介します。
意外なドローン活用事例としてもご覧頂けます。是非参考にして下さい。

ドローン×赤外線カメラでソーラーパネルの内部断線を簡単検査

設置から一定期間経過したソーラーパネルは点検することが望ましいですが、かなりの労力を要します。

特に問題となるのが、ヒビ、汚れ等はカメラを使って比較的容易に検査できますが、内部断線などはパネルを特定するだけでも大変な作業です。

ドローンと赤外線カメラを使った検査では、内部断線による加熱箇所を可視化する事が可能となり、屋外に設置された膨大なパネルから疑わしいパネル特定し、ピンポイントでテスター判定を行う事により劇的な工数軽減が期待できます。

会員企業のドローン活用事業について

【映像事業】

【点検・測量事業】

PAGE TOP