TOPICS & NEWS

瀬戸内ドローン映像祭 グランプリ発表!

DRONE-BIZ(瀨戸内ドローンプロジェクト)、瀬戸内ドローン推進協議会(共に広島県福山市)共催の瀬戸内ドローン映像祭にご応募いただいた皆さま、誠にありがとうございました。
今回初めての開催ながら、応募総数62作品と大変多くのご応募いただきました。
その中から最終審査を経て、各部門のグランプリを決定いたしましたので発表いたします。

<ストーリー部門>
「わたしの旅日記~インドネシアの海を飛んで~」 中 裕生 様

【審査員コメント】
ドローンでの空撮のみならず、空・陸・水中と、様々な角度からの映像がテンポ良く切り替わり、インドネシア旅行の楽しさがギュッと凝縮されていました。
“ただきれいな映像”では終わらず、その場にいるような、観ていて楽しい作品。
コロナ禍が落ち着いたら、ぜひ現地に行きたくなるような作品でした。



<アメージング部門>
「恐怖の映像編 ヤツらは背後から現れる」 畠山 正広 様

【審査員コメント】
きれいな山間と川の風景に突然現れる電線。ドローンを飛ばしているとヒヤッとする場面に遭遇することがあると思いますが、そのヒヤッとする感じが表現されています。
映像のミステリアスな雰囲気も、何が来るのかとドキドキ感を演出する作りになっており、引きつけられました。
飛行する前に周囲確認が重要だと再確認できる動画でもありました。



<テクニカル部門>
「あいち航空ミュージアム」 渡邉 秋男 様

【審査員コメント】
ワンカットで被写体を外すことなく見せたいところをとらえる技術力。まさにテクニカル部門にふさわしい作品。
ゆったりと進みながら展示物に近づいたり離れたりしているのをみると、ミュージアム内を歩いて展示を見ているような感覚になりました。
たまに入る木漏れ日も雰囲気を演出しています。



同じドローンというデバイスを使った映像作品でも、制作者によって様々な視点があり、とても楽しい作品ばかりでした。
どの作品も工夫が凝らされ、制作者のこだわりを感じられました。
この度はWEBやSNSでの発表となりましたが、次回はぜひ映画館の大きなスクリーンで皆様の作品を上映したいと思います。

グランプリを受賞された皆さま、誠におめでとうございます!

様々なドローン事業を展開する共催のドローンビズ様(瀨戸内ドローンプロジェクト)サイトはこちら

関連記事一覧

  1. 白石島の港の画像
PAGE TOP